hannou

1960年243万人の人口だった埼玉県は約50年で3倍近くの722万人になりました。県土面積3,797 k㎡のうち農林地が54%、可住地面積は67.6%。全国比率32.6%と比べ、農業をしながら居住に適した場所が多く、都心にも近いこの地は、今後も人口増加が予想されます。
都会が失った自然、町の人の顔が分かる地域コミュニティ、家の前の畑で採った野菜を料理し、家族の笑顔がそこにある。都心では、誰もがもてるはずの幸せがみつからずに心を病み健康を害する人が増えています。休耕地を生かしてほしいという地元の方と精神の再生を求める人を結び、農業によって身体を鍛え糧を得、心が喜ぶ天職で価値ある対価のお金を稼ぐ・・・そんな、心と身体が元気になれる生活が可能になる半農半X的生活住宅を環境も含め研究し広めていきたいと思います。

 


 

農ある暮らしの御紹介

2014年 誠農社自然栽培の会に参加しました

2014年 誠農社自然栽培の会に参加しました

農業生産法人誠農社と、株式会社フジハウジングが取組んでいる安全な「食」作りのイベント協力を行い、農ある居住空間の創造を職人の匠の技で支える誠和会では、本年度、誠農社が新たに取り組む自然栽培の会説明会、及び第一回自然栽培の ...

1 2 3 4